旅行業界の就職に関するご質問ご相談はコメント欄をご利用ください
HOME > スポンサー広告 > title - 内定に旅行業務取扱管理者は必要かHOME >   Ͱ 資格 > title - 内定に旅行業務取扱管理者は必要か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

内定に旅行業務取扱管理者は必要か

今回は旅行業界で必要とされる資格、「旅行業務取扱管理者」に関して、実際就職のために必要なのか、そして実際入社したらどう活かすのか、についてお話しします。

そもそも「旅行業務取扱管理者」という資格ですが、この資格は旅行業界で必要とされる国家資格で、国内・海外旅行の両方を取り扱う「総合旅行業務取扱管理者」と、国内のみの「国内旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

ではまず、実際就職の時に必要かどうか、について。

端的にいうと、あった方がいいが、なくても就職には不利になりません。

この資格の知識ですが、確かに旅行会社で必要とされる基本的な内容で、あった方がいい内容です。
が、試験内容は広く浅くの内容で、基本的な内容は学べますが、実際に働く上では(勤務セクションにもよりますが)資格で学ぶ以上のより専門的な知識が必要になります。
なので知識という点では資格を持っていてもあまりその知識に期待はしていません。資格がないことが就職に不利に働くことはほとんどないと言えます。

じゃあ就職活動の段階で資格を持っていても意味がないか、というと、もちろんあった方がいいです。この資格を企業側からみると、実は旅行代理店の各営業所に一定数の管理者を置くことが義務付けられているので、管理者を保有する社員が少ない企業では喉から手が出るほどほしい人材になります。

では結論!旅行業務取扱管理者は就職に必要か?

回答としては
「資格を持ってなくても不利にはならないが、保有していると有利に働く場合がある」

余裕があれば、資格にチャレンジしてみては!?ものすごく集中して頑張れば、1か月あれば受かる可能性もあります。その辺の勉強法なども機会があればここで書きます。

ここまで書きましたが、「実際入社したらどう活かすか」については、長くなるのでまた別の機会に書きますね。では!




⇒ 人気ブログランキングで他の就活ブログもチェック!

⇒ 就職活動ブログランキングで他の就活ブログもチェック!

⇒ 埼玉、東京に住む就職・転職活動中のあなたへ

⇒ 就職面接の「恐怖」と「不安」を消す方法

関連記事

2014-08-12 :   Ͱ 資格 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。